ブックモールPC

ブックレビュー
更新日:2007年11月7日

全レビュー一覧&レビュー検索はこちら >>
書名:パソコンでらくらく家計簿 2008
パソコンでらくらく家計簿 2008

著者 らくらく家計簿研究会
出版社 技術評論社
ISBN 978-4-7741-3225-9
発行日
2007年10月16日
価格 734円
(本体680円+税)
仕様 カラー/AB判/64頁/CD-ROM 1枚
分類 アプリケーション(その他)
 えー、実はここ半年ほど、家計が苦しいのであります。いや、これで苦しいなどと言ったらいろんな意味で怒られてしまうのだけど、とにかく赤字続きで、通帳の残高がじりじりと減ってきている。
 まー原因は調べるまでもないんだよなー。ライブや撮影会やDVDや写真集や観劇や、それに伴う旅費やらお花代やらなんやらが膨らんでいるんだ。よくわかってる。
 けどさ、ウチの娘たちってつまり制服向上委員会の子たちが他のアイドルと競演するなら、やっぱり行って応援しなきゃならんでしょ。ギャラクシーエンジェルのゲームが出たらやっぱり限定版を買わなきゃいかんでしょ。麻帆さんがレミゼに出るならやっぱり福岡へ行かなきゃならんし、まりえちゃんの16歳のときのDVDを見つけたらやっぱり買わなきゃならんし、由華さんの写真集が出てサイン会があったらそりゃあやっぱり花持って仮装して行かないわけにはいかんでしょ。赤字でもしかたない、不可抗力というやつです。
 もっともねえ、そういうところへ行って見たり聞いたりすると私よりもっとたくさん金使ってる人がぞろぞろぞろぞろいるんだよねえ。あの人たちの家計は、いったいどうなっているんだろう。

 まあそんなわけで家計簿ソフトの本、というかムック付きの家計簿ソフトです。書名はらくらく家計簿2008ですが、ソフトの名前は「うきうき家計簿2008」。本の中身は、インストールして、起動して、支出収入を入力して、月ごとの予算を入力して、集計して比較して、という基本操作でまず一回り。それから、固定支出の自動入力とか、日記帳機能とか、シール印刷機能とか、ローンのシミュレーションとか、データのバックアップとかいった説明です。
 知り合いの主婦の人にちょっと見てもらったところ、以前に使ってみて挫折した家計簿ソフトと比べて銀行口座の管理が増えているのは便利そうだけど、やはり入力項目が細かすぎてまた挫折しそうな気がする、もっとざっくり、費目を分類しなくても数日空いてしまっても入力を続けられるようなおおざっぱなつくりだったらよさそうだけど、ということでした。


書評者: 塩見 真一 パソコンの本フォーラム

全レビュー一覧&レビュー検索はこちら >>

Copyright 2002 Bookmall Japan Corporation All rights reserved.
このWEBサイトに掲載されている記事・写真などの無断転載を禁じます。
このWEBサイトについてのお問い合わせはこちらまで。
株式会社ブックモール ジャパン