ブックモールPC

ブックレビュー
更新日:2007年10月20日

全レビュー一覧&レビュー検索はこちら >>
書名:Webクリエイティブのための CMSテンプレートデザイン
Webクリエイティブのための CMSテンプレートデザイン

著者 エ・ビスコム・テック・ラボ
出版社 マイナビ
ISBN 978-4-8399-2467-6
発行日
2007年9月15日
価格 3,132円
(本体2,900円+税)
仕様 カラー/B5変型判/320頁
分類 情報通信(インターネット:HTML)
 本書のタイトルが「CMSテンプレートデザイン」となっているが、中身は『Movable TypeとWordPress』の解説書である。
 今、CMSとなればそのほとんどが『Movable Type』で作られている。だから、タイトルも間違いではないが、『Movable Type』をしっかり明記してもいいような気がする。なにかしらの理由があるのかもしれないが、そのほうが本書を手にとってくれるはず。それだけこの『Movable Type』は、優れたソフトだと思う。発売元のシックス・アパートのホームページ(http://www.sixapart.jp/)に掲載されている利用サイトも、大手企業が多い。これは、『Movable Type』のカスタムの自由度と更新性が、受け入れられている証拠でもある。またそのバラエティさも見逃してはならない。それはWEBデザイナーの心を捉えるほどのクォリティだ。これからももっともっと『Movable Type』の利用者とサイトは増え続けるだろう。 そしてもう一つのソフト『WordPress』。こちらのソフトについては、ほとんどわからない。しかし、サイトを見る限りでは利用者も『Movable Type』には劣るものの、内容はしっかりしている感じ。『Movable Type』と『WordPress』の両方を使ってみて、『WordPress』を選んでいる人もいそうだ。新しいCMSとして、今後注目が集まるだろう。
 その『Movable TypeとWordPress』の解説書として、本書の位置づけは、「クリエイター向けの解説書」。ただし、解説している機能は、そんなに凄い機能や複雑な表現ではなく、基本のもので、決して欠かせない機能ばかり。解説の仕方は、その機能の使うための『Movable Type』と『WordPress』のコード編集を対比させて進めていく。本書の解説はあくまで、コードの編集にこだわっているのも大きな特徴。クリエイター初心者向けの一冊といえる。
 しかし本書を読んで、私もあらためて『Movable Type』で作ってみたくなってきた。しかもオリジナルドメインをとって、運用してみたい。今はそれを作る時間と伝える情報もないが、やはりこのカスタムの自由度にはかなり惹かれている。ブログのカスタマイズを目的として誕生した『Movable Type』だけに、企業サイトを作るよりもブログとして使用したほうがその機能をフル活用できると思う。そしてなによりオリジナルブログ、オリジナルドメインでのブログこそ、その人の姿を伝えられると思う。時間があるなら『Movable Type』でブログを作ってみてほしい。絶対大きな財産になるはずだ。


書評者: YAS <関西地区某パソコンショップ バイヤー>

全レビュー一覧&レビュー検索はこちら >>

Copyright 2002 Bookmall Japan Corporation All rights reserved.
このWEBサイトに掲載されている記事・写真などの無断転載を禁じます。
このWEBサイトについてのお問い合わせはこちらまで。
株式会社ブックモール ジャパン