ブックモールPC

ブックレビュー
更新日:2007年1月10日

全レビュー一覧&レビュー検索はこちら >>
書名:もえっと。 ダイエット篇
もえっと。 ダイエット篇

著者
出版社 エンターブレイン
ISBN 978-4-7577-3078-6
発行日
2006年12月22日
価格 950円
(本体880円+税)
仕様 カラー/A5判/100頁
分類 その他
 私のダイエット体験談。
 話は3年半前にさかのぼります。その年、久しぶりに健康診断を受けた私は、血中コレステロール値が正常範囲を超えているというので唖然としました。だって、163.5cmで56.5kg、体型としてはまだまだ「やせている」ですよ。誰か他の人の血液と間違ってるんじゃねえかと思いましたが、でもまあ、以前はずっと「やせすぎ」だったわけだし腰周りがきつくなったと自分でも思っていたので、とりあえず、肉や卵を減らして魚や野菜を増やすと、そういうことにしました。
 1年経って、次の健診でどうなったか。……57.9kg、さらに増えとるがね、体型はまだ「やせている」なのにコレステロールも中性脂肪も尿酸もレッドゾーン。「そろそろ危ないですよ」と医者に言われ、保健士さんの食事指導を上の空で聞きながら考えました。結局、卵を食べないとか魚を食べるとかいう問題じゃないのだ、運動量と食事量と、要するにその差分の問題なのだ。
 まず体重計の安いのを買ってきて事務所に置き、毎朝出勤してきたときの体重を測ることにしました。階段は歩いて上る、週に2回は青山の客先から新宿の事務所まで5kmほど歩いて帰る。おやつはおしゃぶり昆布、コーヒーは朝だけにしてあとはノンシュガーのお茶。それと、夕食の時間を繰り上げました。家に帰ると22時とか23時とかになってしまうので、外で食べてくることにしました。
 しばらくして体重は徐々に減りはじめ、もう減らなくなったところで翌年の健診では53.5kg、コレステロールほかの値もきれいに正常範囲に戻り、医者には「相当きっちりやられたんですねえ」と言われました。いや、生活習慣病っていうけどまさしく文字どおり、身体の前に生活習慣が病んでいたのだなあと思いました。

 私はその昔長距離走やってて栄養のことも聞きかじっていたし、トレーニング計画を立てて自分を地道に鍛えていくことも知っていたので自己流でやりきれたわけですが、そういうバックグラウンドのないオタクの皆さんにはこの本は役に立ちそうです。ダイエットについて、栄養面も実践・継続方法の点でも、単なるネタ扱いではなくかなり本格的に解説されています。

 ……しかし正直なところ、この本読んでると、ぅぷ、胸ヤケしますです。ブルマの小学生が4人に、栄養素の擬人化キャラに、夏休みに上京してきたAカップの妹にと、こってりべた甘い萌え要素てんこもりで、……なんか別の生活習慣病になってしまいそうな気がする。
 腹は八分目、萌えも八分目にしないとなあ。


書評者: 塩見 真一 パソコンの本フォーラム

全レビュー一覧&レビュー検索はこちら >>

Copyright 2002 Bookmall Japan Corporation All rights reserved.
このWEBサイトに掲載されている記事・写真などの無断転載を禁じます。
このWEBサイトについてのお問い合わせはこちらまで。
株式会社ブックモール ジャパン