ブックモールPC

ブックレビュー
更新日:2006年12月6日

全レビュー一覧&レビュー検索はこちら >>
書名:ソニー α100 マニュアル
ソニー α100 マニュアル

著者
出版社 日本カメラ社
ISBN 978-4-8179-4149-7
発行日
2006年11月8日
価格 1,728円
(本体1,600円+税)
仕様 AB判
分類 ハードウェア(デジタルカメラ)
 私は実のところ、α100を買うつもりは当分ありません。α100の前身、旧コニカミノルタα-7 Digitalを1台と、箱を2個持っているのです。中身が1台で箱が2個というのはですね、聞いてくださいよ、1台めの中身は盗まれたのです。飛行機で預けたトランクがモントリオールに着いたら行方不明で、半日経って見つかったときには中のカメラバッグだけぽかっと無くなっていた。南京錠をかけてあったのが、器用にこじ開けてまた閉めてありました。ちょっと、さすがの私もこれには参りました。うっかり置き忘れたとかいうのなら自分の落ち度でまだ諦めがつくんですが、こうもあからさまに盗まれた、というのはねえ。まあ可能性としては起こりうる話で、預ける荷物にそんな高額品を入れてはいけないのだけど、しかし現実にそんなことが起こるとは、普通は思わないです。

 そんな次第で、諦めがついていないので、α100を買うつもりはまだないのですが、しかしソニーの新しいレンズは1〜2本買ってもいいと思っていて、そんなこともあってこの本を買って読んでみました。
 中身は、プロ写真家のギャラリー(花、祭り、ネイチャー)と試用レポート、機能解説、撮影テクニック、レンズそれぞれの試用レポートと旧ミノルタのレンズをα100で使ってみるレポート、それから、パソコンの話が20ページばかり閲覧ソフトPicture Motion BrowserとレタッチソフトImage Data Converter SRの使いかた、など。
 読んでいてひとつ気が付いたのは、撮影にしてもフォトレタッチにしても、大半の読者が知っているに違いない初歩的な話を初心者向けに構成してあって、α100の特徴や新機能がそのなかにぽろっと埋もれて書かれているのだな。焦点距離と画角とか絞りと被写界深度とかヒストグラムとトーンカーブとか、そんなこたー知ってらーと言って読み飛ばすと、大事なことを読み落としてしまうようなつくりになってるのです。
 パソコンの本が読者をたいてい初心者扱いするのが私には気に入らないのですが、どうもパソコンの本に限った話ではないらしい。どういうわけだか、もうちょっと深く考えてみる必要があるかもしれません。

 て、話がそれた。私の関心はレンズだったんですが、なんと、バリオゾナーT* DT16-80 F3.5-4.5が発売延期だそうです。「来年3月の発売が待ち遠しい」とか書かれていて、……しょぼしょぼしょぼ。


書評者: 塩見 真一 パソコンの本フォーラム

全レビュー一覧&レビュー検索はこちら >>

Copyright 2002 Bookmall Japan Corporation All rights reserved.
このWEBサイトに掲載されている記事・写真などの無断転載を禁じます。
このWEBサイトについてのお問い合わせはこちらまで。
株式会社ブックモール ジャパン