ブックモールPC

ブックレビュー
更新日:2006年7月12日

全レビュー一覧&レビュー検索はこちら >>
書名:ちいさな手づくり絵本
ちいさな手づくり絵本

著者 水野真帆
出版社 マイナビ
ISBN 978-4-8399-1898-9
発行日
2006年6月23日
価格 1,598円
(本体1,480円+税)
仕様 カラー/A5変型判/96頁
分類 アプリケーション(グラフィック:Illustrator)
 なんか久しぶりに、パソコン図画工作の本であります。
 イラストをスキャナで取り込んでフォトショップで調整してイラストレーターでレイアウトして、プリンタで印刷して、切って、貼って、絵本を作ろうという本。絵本というのが並の絵本じゃなくて、コーヒーカップの形をしているとか、開くと飛び出すとか伸びるとか動くとか、穴が開いてるとかリボンが付いてるとか、ミニチュアの歯ブラシやスリッパやカメラと一緒にトランクに入れてあるとか、なんとも凝った「おしゃれ雑貨」です。本自体も実におしゃれに作ってあります。

 私が感心するのは、パソコンを使ってする作業の部分と、紙を切って折って貼り合わせてという手作業の部分とのバランスですね。ざっと見て半々、よく見ると、パソコンを使う作業のところで「パソコンを使わなくてもいい」と書いてあったり、パソコンを使い始める前の段階、つまり、アイディアをまとめてラフスケッチを描いたり材料素材を集めたりするというあたりがしっかり書かれていたりする。
 さらに感心するのは、先にダミーを作ってできあがりの状態を確認するとか、レイアウト用紙を作って下書きするとかいう話。一見つまらない話だけど、現実に物を作ろうとしたときには実に大事な作業なんですよ。私はこういう作業の大切さを、自分で物を作るためにもがいてもがいて実感したのでね、だから、構想・試作・試行錯誤が書かれていない本はどうにもこうにも大事なところが抜け落ちてるように見えるのです。……いや、多いんだけどなそういう本が。

 と、ほかの本の話はおいといて、この本、全部で5つの絵本の製作工程がみっちり説明されています。それぞれかなり凝ったつくりで、うーむ、手本があるとはいっても作るのはかなり大変、まるまる1週間かかりそうです。一部分をヒントとしてもらってグリーティングカードを作ってみる、という読みかたがいいんじゃないかと思います。


書評者: 塩見 真一 パソコンの本フォーラム

全レビュー一覧&レビュー検索はこちら >>

Copyright 2002 Bookmall Japan Corporation All rights reserved.
このWEBサイトに掲載されている記事・写真などの無断転載を禁じます。
このWEBサイトについてのお問い合わせはこちらまで。
株式会社ブックモール ジャパン