ブックモールPC

ブックレビュー
更新日:2004年3月1日

全レビュー一覧&レビュー検索はこちら >>
書名:MacOS X v10.3 パワフルガイドブック
MacOS X v10.3 パワフルガイドブック

著者 向井領治柴田文彦新居雅行大谷和利大津真
出版社 ローカス
ISBN 978-4-89814-497-8
発行日
2004年1月14日
価格 3,240円
(本体3,000円+税)
仕様 単色刷/B5変型判/464頁
分類 機種別(Macintosh)
AppleのiBookを買ったものの、ちょっと困ったことがあります。詳しいマニュアルがついていないのです。iBookに限らず、最近のパソコンやパッケージソフトにはマニュアルらしいマニュアルはついてきません。大抵は「オンラインマニュアル」とか「オンラインヘルプ」というものがインストールされて、困ったときにはパソコン上で閲覧せよ、という仕組みになっています。常々思うのですが、使いにくくないですか、これ。やっぱりね、マニュアルは紙であるべきですよ。以前のソフトウェアは立派なマニュアルがついていたものでした。例えば懐かしの表計算ソフト「Lotus 1-2-3」では、厚さが5センチ以上もあるようなバインダーのマニュアルがついていました。あれを読むのが楽しいのです。変でしょうか、私。
私はマニュアルを読むのが好きなんです。最初は意味がわからなくても、しばらくソフトを使い続けてからもう一度マニュアルを読んでみると、ある程度わかってくるんですよね。そして、必ず新しい発見があります。あぁ、こういう意味だったのか、と。するとさらにそのソフトの使い心地がよくなって、さらにマニュアルの意味もわかるようになるのです。これぞ好循環。だからマニュアルは気軽にパラパラっとめくるためにも紙媒体で手元にあってほしいのです。ちなみにマニュアル好きは遺伝するらしく、うちの小学生の娘もパソコン関連のマニュアルを読むのが大好きです。
さて、iBookのマニュアル用として選んだのが本書です。そう、この厚さがいかにもマニュアルっぽくて非常によろしいです。そして初心者からエキスパートまで十分に満足できる内容で、これ以上に詳しい本は他にないでしょう。非常に満足しています。普通にMac OS Xを使う場合は「デスクトップ環境」「アプリケーション」「システム設定」の章が参考になります。新しい発見がたくさんありました。エキスパートの方には「UNIXとしてみたMac OS X」「ネットワークの利用」「Mac OS Xの開発環境」の章ですね。まだまだ私はこのレベルには到達していませんが、ゆくゆくはXcodeで何かを開発してみたいな、と思っています。


書評者: 関 裕司 <>

全レビュー一覧&レビュー検索はこちら >>

Copyright 2002 Bookmall Japan Corporation All rights reserved.
このWEBサイトに掲載されている記事・写真などの無断転載を禁じます。
このWEBサイトについてのお問い合わせはこちらまで。
株式会社ブックモール ジャパン