ブックモールPC

ブックレビュー
更新日:2003年7月25日

全レビュー一覧&レビュー検索はこちら >>
書名:入門Perl&CGI
入門Perl&CGI

著者 池田純一郎
出版社 ハイテクライト/星雲社
ISBN 978-4-7952-4524-2
発行日
2003年3月31日
価格 2,160円
(本体2,000円+税)
仕様 単色刷/A5判/240頁
分類 情報通信(インターネット:サーバ)
 余談かもしれないが、最近Webでのオークションにはまっている。きっかけは単純で、今静かなブームを呼んでいる『フィギュア』でどうしても欲しい商品があったからだ。私が集めている『フィギュア』は、ガチャポンやお菓子のおまけなどの300円もしないものだが、その『フィギュア』の出来もよく、またその販売方法が実にマニア心をくすぐる絶妙な仕組みになっていて、集めずにはいられない気持ちにさせてくれる。まずは一つのシリーズに付き、8〜30種類くらいの『フィギュア』があるのだが、それとは別に「シークレット」と呼ばれる『フィギュア』が存在して、これがいくら買っても出難くなっている。しかも所詮おもちゃなので簡単に発売が終了して、あっという間に市場になくなる事も多い。そこで、ユーザーからダブった商品やいらなくなった商品を買い取り販売する『フィギュア』の中古屋さんが登場した。今大阪の日本橋ではこの手の玩具屋が多くなってきていて、私も何軒かはしごしてその『欲しいフィギュア』を探しまくったのだが、これが既に販売終了商品でしかも人気のあるシリーズだったため1つ300円定価だったもの
が1000円以上にはねあがっていた。更にその「シークレット」の『フィギュア』は3000円以上になっていたのだ。そこで目をつけたのが、Webオークションだ。オークションならばお店の儲けがなく取引出来るため比較的安い価格で手に入れられるし、何よりも全種類出品されているかもしれない。そう考えて始めたオークションだが、当初の目的を果たしてもなお毎晩パソコンにかぶりついている。
 そのオークションの魅力は、なんといってもその出品数の多さと商品検索のしやすさにあると思う。私がオークションにはまったのも商品点数の多さと探しやすさがあったからだ。それはユーザーにとって新しい発見をもたらしてくれる。私は掲示板やチャット、オンラインゲームなどWeb上での交流は全く興味がなく参加した事もなかったが、オークションではリアルタイムに反応する入札がたまらなく面白いし、競り落とした時の嬉しさなど、それらとは全く違う面白さをもっている。その面白さを上手にWebで活かしているのが本書の『CGI』である。いや『CGI』が不可欠なのである。
 本書は、その『CGIプログラム』とCGIスクリプトを作成するための言語『Perl』について分かりやすく解説している。最初に『Perl』の具体的な解説から始まり、後半で『CGI』について解説していく。最後に『SSI』についても触れ、Webでの対話的なページを作るため基礎は盛り込まれていると思う。全編を通して大きい文字で書かれており読みやすい。
 それにしてもオークションで、その『CGI』のプログラムの必要性を感じるとは、思いもしなかった。これからその『CGI』が更に発達し、もっと面白いWebが誕生するかもしれない。日々オークションをやりながらそんな事を感じている。


書評者: YAS <関西地区某パソコンショップ バイヤー>

全レビュー一覧&レビュー検索はこちら >>

Copyright 2002 Bookmall Japan Corporation All rights reserved.
このWEBサイトに掲載されている記事・写真などの無断転載を禁じます。
このWEBサイトについてのお問い合わせはこちらまで。
株式会社ブックモール ジャパン