ブックモールPC

ブックレビュー
更新日:2003年7月4日

全レビュー一覧&レビュー検索はこちら >>
書名:Software People vol.2
Software People vol.2

著者
出版社 技術評論社
ISBN 978-4-7741-1690-7
発行日
2003年3月26日
価格 1,598円
(本体1,480円+税)
仕様 単色刷(一部カラー)/B5判/168頁
分類 プログラミング(その他)
 本書は、ソフトウェア開発を携わる人達のために作られた情報誌だ。今回のVol.2が今年の3月に発売されたが、前回のVol.1の発売が昨年の8月だったのでどうやら不定期刊行らしい。その本書のコンセプトは、ソフトウェア開発に携わる『人』という観点からプロジェクトを成功させるための条件を探っていくもの。だから、プログラム言語の解説等は一切載っていない。
 今回のVol.2では3つの特集とコラムが8つという内容で、ソフトウェア開発に携わる『人』を掘り下げていく。特集の一つでもある『ソフトウェア開発で伸びる人、伸びない人』は大変面白かった。この特集ではどんな人材がソフトウェア開発に適しているのか探っていくもの。その中で『伸びる人の共通スキル』として(1)言語スキル(2)目的指向(3)構造力(4)日々の習慣(5)人との接し方(6)美的センス(7)プロ意識の7つをあげているが、それぞれを具体的に解説しソフトウェア開発で伸びる人とはどんなものなのかを深く解説していく。そのスキルの項目で(4)日々の習慣(5)人との接し方(6)美的センス(7)プロ意識の4つの部分は、どの仕事においても必要な事で、ある意味開発者というよりも仕事の出来る人間の解説ともいえる。
 その他の特集では、ソフトウェア開発におけるプロジェクトについて書かれている。ソフトウェアの開発は必ず複数の人間によるチームになる。だからチーム内での共通の情報と意識を持つ事、そして効率的な作業が不可欠だ。その部分をこの2つの特集で丁寧に解説している。


書評者: YAS <関西地区某パソコンショップ バイヤー>

全レビュー一覧&レビュー検索はこちら >>

Copyright 2002 Bookmall Japan Corporation All rights reserved.
このWEBサイトに掲載されている記事・写真などの無断転載を禁じます。
このWEBサイトについてのお問い合わせはこちらまで。
株式会社ブックモール ジャパン