ブックモールPC

ブックレビュー
更新日:2002年5月8日

全レビュー一覧&レビュー検索はこちら >>
書名:カシミール3D入門
カシミール3D入門

著者 杉本智彦
出版社 実業之日本社
ISBN 978-4-408-00776-2
発行日
2002年3月29日
価格 2,052円
(本体1,900円+税)
仕様 単色刷(一部カラー)/B5変型判/148頁/CD-ROM 1枚
分類 アプリケーション(その他)

南アルプスの南のほうに、塩見岳という山がありましてね。3047m、日本百名山にも入っているはずです。高いことに加えて奥まったところにあるため、そうそう手軽には登れない山のひとつですが、まあやっぱ私としては、人生のうち一度は、富士山剣ヶ峰と塩見岳には登っておきたいですよね。なかなか体力と時間の余裕が取れないけれどもとりあえず奥多摩か高尾山かせめて代々木公園あたりで足慣らしだけは続けておこうと、そんな今日このごろ。

あーでもですね、そうはいっても私は「山ヤ」ではないんですよ。並みの人よりは山に親しんでいるほうだとは思うけど、でもたとえばこの『カシミール3D入門』とかを見ると、はあーやっぱ本物の「山ヤ」にはかなわんなーと思うわけです。

「カシミール3D」というのは、国土地理院の「数値地図」などのデータ化された地図・地形データを取り扱うソフトで、いろいろな縮尺・様式で地図を表示したり、ハイキングコースの距離を求めたり登り下りの断面図を作ってみたりすることができます。地形データは縮尺でいうと80万分の1相当と、つまりかなり粗くて山登りそのものにはちょっと使えませんけど。圧巻はやっぱり風景・景観表示ですね、適当な地点を指定してそこから見た山々の展望を3Dグラフィックスで描くことができます。山肌の色合いや天気や湖面の反射や、かなり細かく制御できて絵としてもなかなかのクオリティです。

ソフトウェアがよくできているのと「山ヤにはかなわんなー」と思うのと、なんかつじつまが合ってない気もするんだけど、でもそうだよなー、このよくできてる感は要するに作者の杉本さんが山ヤであることの現れだと思うんですよ。

……合理的科学的な説明ではないけどね。
まあとにかく、「よい本」の実例を1点、ということで。



書評者: 塩見 真一 パソコンの本フォーラム

全レビュー一覧&レビュー検索はこちら >>

Copyright 2002 Bookmall Japan Corporation All rights reserved.
このWEBサイトに掲載されている記事・写真などの無断転載を禁じます。
このWEBサイトについてのお問い合わせはこちらまで。
株式会社ブックモール ジャパン