ブックモールPC

ブックレビュー
更新日:2001年12月14日

全レビュー一覧&レビュー検索はこちら >>
書名:ホームページにオフィスを作る
ホームページにオフィスを作る

著者 野口悠紀雄
出版社 光文社
ISBN 978-4-334-03111-4
発行日
2001年11月15日
価格 756円
(本体700円+税)
仕様 単色刷/新書判/231頁
分類 情報通信(インターネット:HTML)

 「ホームページにオフィスを作る」とはどんな事なのか?このタイトルは、頭の中ですぐにビジュアルが想像出来ないものの本書を手に取らすだけじゅうぶんな動機にはなる。私もタイトルだけ見た時、そのビジュアルが湧きにくいのと同時に本当に純粋な気持ちでどんなものなのか?という期待感を持った。一通り目を通すとその疑問は瞬時に納得へと変わった。「そうか、こういう使い方もあるのだな」というのが本書の読後の感想である。

 その本書がいう「ホームページにオフィスを作る」を私流の解釈で言わせてもらえれば、それはインターネット(サイト)を自分の仕事の道具として作るという事だと思う。著者は本書に始めにブロードバンドについて軽く触れていたが、常時接続がこれから本当に浸透していけば、本書の中で語られる「ホームページオフィス」は絶対広がっていくと私は思う。具体的な使い方を示せば、ある一つのデータを自分だけが見るサイトに公開し、そのデータをインターネットでダウンロードし、変更し、更新するという使い方。これの利点は、データのマスタが常に一つだという事と、パソコン同士でのデータのやり取りを外部記憶装置に頼らなく済む事、そして本当にどこにいてもパソコンさえあればそのデータを拾いにいけるという点だ。大きい会社になれば、イントラという社内専用のサイトがあるが、あれは社内通達などの連絡や社内用の書類書式のダウンロードなど、その会社にしか通用しないサイト。それを個人用に作り活用する事こそ「ホームページオフィス」といえるのではないだろうか?本書では他の幾つかの活用法を紹介しているので、本書を読み自分にあった使い方を是非見つけて欲しいと思う。それにはまず何でもいいからホームページを作り、絶えず更新する事。これが「ホームページオフィス」を始め続けるために一番必要な事だと著者は本書で繰り返し述べている。そうホームページは、自分で使うにしろ、会社で使うにしろ、それが一番大切だと思う。



書評者: YAS <関西地区某パソコンショップ バイヤー>

全レビュー一覧&レビュー検索はこちら >>

Copyright 2002 Bookmall Japan Corporation All rights reserved.
このWEBサイトに掲載されている記事・写真などの無断転載を禁じます。
このWEBサイトについてのお問い合わせはこちらまで。
株式会社ブックモール ジャパン