ブックモールPC

ブックレビュー
更新日:2001年2月23日

全レビュー一覧&レビュー検索はこちら >>
書名:こんなに簡単 PowerPoint2000
こんなに簡単 PowerPoint2000

著者
出版社 ローカス
ISBN 978-4-89814-198-4
発行日
2001年1月31日
価格 802円
(本体743円+税)
仕様 カラー/A4変型判/96頁
分類 アプリケーション(プレゼンテーション)

 あの「Power Point 2000」をやさしく解説した本書。初心者にもわかりやすいように、図を大きく使い、文章も少なめで見やすさに心掛けている。96というページ数は内容が薄いと勘違いしてしまいそうだが、初めて「Power Point 2000」を触る人ならこの一冊である程度の事は出来るし、充分すぎる内容である。

 さてこの「Power Point 2000」だが、私の会社では使っている人を見た事がない。「Office 2000」に収録されているにもかかわらず、ExcelやWordだけしか利用されていない。それは「Power Point 2000」というソフトの目的が、あくまでもプレゼンテーションという限られた使い道しかないからだ。社内でプレゼンテーションを行う事は殆どないし、社外でも利用されることはない。だから、当然この「Power Point 2000」というソフトの便利さや面白さ、凄さに分からずにいた。
 今回あえて本書を選んだ理由もそこにあるのだが、改めて「Power Point 2000」を触ってみるとその便利さには驚いた。プレゼンテーションをより効果的にわかりやすく行うための「Power Point 2000」だが、それ以上の可能性を秘めている。オブジェクトのアニメーション、スライドショー等、視聴者に対していかに物事を上手く伝えるか、それを手助けするソフトが「Power Point 2000」なのだ。


 最近、仕事をしていて自分の意見が上手く伝わらない時がある。大体そんな時は、 自分の意見がまとまっていない事、そして相手側がその意見に対しある程度の先入観をもって接している事が大きな壁となっていると、私は思っている。その壁を越えるには、自分の意見をさらに練り直して整理し、そして別のアプローチをする事が大切だと思う。それを行うには「Power Point 2000」というソフトは、一番の適役である。人に物事を正確に伝える難しさは、これかも人間同士のコミュニケーションの大きな課題だが、それを超える力を「Power Point 2000」は秘めているのである。



書評者: YAS <関西地区某パソコンショップ バイヤー>

全レビュー一覧&レビュー検索はこちら >>

Copyright 2002 Bookmall Japan Corporation All rights reserved.
このWEBサイトに掲載されている記事・写真などの無断転載を禁じます。
このWEBサイトについてのお問い合わせはこちらまで。
株式会社ブックモール ジャパン