ブックモールPC

ブックレビュー
更新日:2009年5月27日

全レビュー一覧&レビュー検索はこちら >>
書名:もう迷わない! Wordで作る長文ドキュメント
もう迷わない! Wordで作る長文ドキュメント

著者 西上原裕明
出版社 技術評論社
ISBN 978-4-7741-3853-4
発行日
2009年5月8日
価格 2,462円
(本体2,280円+税)
仕様 二色刷/B5変型判/256頁
分類 アプリケーション(ワープロ:MS-WORD)
 これ、なかなかすごい本です。何がすごいって表紙の下のほう、この画像ではちょっと読めないかな、「Word、嫌いですか?」って書いてあるんですよ。
 うーむ、これつまり、「ハイ嫌いです」と答える人が多いはずという前提ですよね。「嫌いだけどWordを使わないわけにいかないから」という人に買ってもらおうと、そういう狙いですよねえ。
 まあ、そういう人は実際少なくないだろうとは思います。私だってそうだものな。

 私はここ10年ほどWordを使って、プログラマ達が書いたドキュメントをとりまとめ整理しチェックして必要なら書き直す、という仕事をとある客先でしてきています。Wordが私にとっておおいに役に立っていることは認めるのですが、しかしWordには文句を言いたいことが山ほどあります。ことに最近その客先でWord2003からWord2007に切り替えたもので、ユーザインタフェースが素人ウケする方向に変わり、何をするにも一手間増えるようになってしまってだいぶイライラさせられてます。
 私自身はまだいいんだ。Word2007に切り替えたということはつまり何百人というプログラマ達にWord2007を使えと強制したことなんで、そのほうがどうなるか心配。プログラマ達はもっとイライラするに決まってるわけで、そのとばっちりは私らドキュメント担当に向かってくるだろうし、とはいえ私らだってプログラマに苦労させたいわけじゃない。Wordがこんなクセの強いソフトでなく、余計なお節介をしない、「便利な機能」を押し売りしないソフトだったら、いいんですけどねえ。

 そんなわけでこの本。Wordのクセを理解し、クセに逆らわないうまくいく使いかたをしよう、というコンセプトで、何十ページ何百ページといった長文文書の作成に役立つ機能を中心に解説しています。余計なお節介をさせないための設定に始まって、スタイルの使いかた、テンプレートの活用法、図と表の扱いかた、目次や索引といったところ、以前に紹介した『もう迷わない! Wordのしくみと落とし穴 2007対応』と内容が重複するところもけっこうあります。

 ……や、前の本のレビューで私、「もう少し勉強して、もう少し文句言わないでいいようにしようと思います」とか書いてますね。うーむ、勉強はしたつもりだけど、文句は減ったかなあ、どうかなあ。



書評者: 塩見 真一 パソコンの本フォーラム

全レビュー一覧&レビュー検索はこちら >>

Copyright 2002 Bookmall Japan Corporation All rights reserved.
このWEBサイトに掲載されている記事・写真などの無断転載を禁じます。
このWEBサイトについてのお問い合わせはこちらまで。
株式会社ブックモール ジャパン