ブックモールPC

ブックレビュー
更新日:2007年3月10日

全レビュー一覧&レビュー検索はこちら >>
書名:Javaによる画像処理プログラミング
Javaによる画像処理プログラミング

著者 赤間世紀
出版社 工学社
ISBN 978-4-7775-1261-4
発行日
2007年1月19日
価格 2,052円
(本体1,900円+税)
仕様 単色刷/A5判/192頁/CD-ROM 1枚
分類 情報通信(インターネット:JAVA・ActiveX)
 Javaの本である。みなさんはこのJavaに対してどんな印象をお持ちだろうか。私はインターネットの影の功労者といったところだろうか。インターネットで使われるプログラム言語は、このJava以外にCGIやらPHPなどいくつもあるが、このJavaのおかげで、インターネットが華やかになったなというのが私のJavaのイメージである。
 このJavaをぜひ取得したいと思い、本書を手にとったわけだが、簡単に目を通して思った事は、腰を落ち着かせて、真剣に向き合わなければとても取得できるものではない、という事である。DreamweaverというWEB作成ソフトを最近よく触るのだが、この時簡単にJavaを組み込んで、思い通りのイメージを作りだせるのでJavaって簡単かもしれないと思ったのが間違いだった。やはりしっかりとしたプログラムなのである。
 そんなプログラム言語の解説書として本書を見た時、売りの一つだといえるのは『画像』という題材を扱っている所だと思う。馴染みのある題材を扱う事で、読者にとって本書の内容に入り易くなるし理解力も生まれる。またこのJavaをあくまでも『画像編集』としてしっかりした使い方で解説をしているのもいい。第一章では画像処理とJavaの概要、第二章ではJavaプログラムの作り方、第三章では画像処理の基礎、第四章では『Java2D』とよばれる「API」の基礎的な使い方、第五章ではJava2Dの実践的な画像処理に触れ、第六章でJava言語の文法の概要をまとめている。本書にはCD-ROMも添付されており、Java SEDevelopment Kit(JDK)5.0とサンプルプログラム集が収録されている。Javaを始めてみたいと思っている人にはとてもいい本だと思う。
 私も本書の力を借りて、Java制作挑戦してみようと思う。どこまでできるかは時間の取れ具合にもよるが、それでもやらない手はないと思う。ホームページがどういうもので、どういうふうに作られているのか、今回はそれを知るチャンスだと思う。頑張ってみたい。


書評者: YAS <関西地区某パソコンショップ バイヤー>

全レビュー一覧&レビュー検索はこちら >>

Copyright 2002 Bookmall Japan Corporation All rights reserved.
このWEBサイトに掲載されている記事・写真などの無断転載を禁じます。
このWEBサイトについてのお問い合わせはこちらまで。
株式会社ブックモール ジャパン