ブックモールPC

ブックレビュー
更新日:2004年12月29日

全レビュー一覧&レビュー検索はこちら >>
書名:超解![スーパーガイド] ギャラクシーエンジェル
超解![スーパーガイド] ギャラクシーエンジェル

著者 ドラゴンマガジン編集部
出版社 富士見書房
ISBN 978-4-8291-7528-6
発行日
2004年12月20日
価格 1,188円
(本体1,100円+税)
仕様 単色刷/B6判/128頁
分類 資料集(全般)
 ギャラクシーエンジェルの入門書?……だよなやっぱり。いや、けど、ゲームの攻略本ならともかく、アニメやコミックや小説にガイドブックが要るものかな?

 ははあそっか、わかったぞ。
 つまりあれだ、身近な人がギャラクシーエンジェルにやられてしまって、たとえばナノマシンだとか問題ありませんだとかわけのわからないことをしょっちゅう言われて困っている人のためのガイドブックと、そういうことかもしれないな。
 うむうむ、たしかにギャラクシーエンジェルには知らないと通じない特別な言葉がたくさんありますよ。まず少なくとも女の子6人の名前は覚えないとね、ミルフィーユ・桜葉、蘭花・フランボワズ、ミント・ブラマンシュ、フォルテ・シュトーレン、ヴァニラ・アッシュ、そして烏丸ちとせです。それから、トランスバール皇国、クロノクェイク、ロストテクノロジー、紋章機、シャトヤーン様、月の巫女、エルシオール、それからそれから、一文字流星キックとか超新星の白き狼とかシャナードの5番とかクックちゃんとか鰆の西京焼き定食とか君の名はシンデレラとかリッキー・カート君とか伝説の秘境温泉とか有給休暇30日とか幼馴染のハナちゃんとか月刊駄菓子クラブとかかくれんぼの鬼とか、さらには、バーンってやっちゃいます!とかスペシャルサービスって何?とか1ギャラを笑う者は1ギャラに泣くとかようこそおいで九段下とかヴァ・ヴァ・ヴァニラ・す・す・好きだーとかいったあたりも把握しておきたいところです。
 ……いや、この本ではそこまでいけない、基本のところで紙面が尽きてますが。

 まあそれはそれとして、インタビュー記事が面白かったですね。メカデザインなどを担当された戦船あらためセタの皆さんと、世界観設定などを担当された水野良さん。それぞれ、どういうことを考えながらギャラクシーエンジェルを作ってきたのかが語られているのですが、うーむ、私だって新しいものを創り出す仕事をしている点は同じつもりだけど、やはり私がものを作っているときに考えていることとは微妙に違うようです。なんか自己増幅的というか、作るものそれ自体が方向を決めていくというか、いや、私にもよくわからないんですがね。
 ……ふむ、やはりここんとこがわかるまでは、もうしばらくギャラクシーエンジェルに付きあってみることにしましょうわくわく。


書評者: 塩見 真一 パソコンの本フォーラム

全レビュー一覧&レビュー検索はこちら >>

Copyright 2002 Bookmall Japan Corporation All rights reserved.
このWEBサイトに掲載されている記事・写真などの無断転載を禁じます。
このWEBサイトについてのお問い合わせはこちらまで。
株式会社ブックモール ジャパン