ブックモールPC

ブックレビュー
更新日:2003年12月1日

全レビュー一覧&レビュー検索はこちら >>
書名:iPod Fan Book
iPod Fan Book

著者 納富廉邦
出版社 マイナビ
ISBN 978-4-8399-0891-1
発行日
2003年8月29日
価格 1,382円
(本体1,280円+税)
仕様 カラー/A5変型判/128頁
分類 ハードウェア(周辺機器)
iPod」って知っていますか。このデジタルガジェット、いやいやそんな呼び方はしてはいけない。こいつは雑誌やウェブで見るよりも、店頭で実物を手にとったときの感動がたまらない。そして決断の末、購入した後の使い心地の良さにも驚かされてしまう。製品カテゴリとしては「mp3プレーヤー」ということになるのだが、そんな単純なくくりでこいつを語ってもらっては困るのだよ。それくらい私はiPodファンだし野球はタイガースなのだ(意味不明)。

そんなファンのためのおしゃれなガイドブック。本のサイズがiPodの箱の大きさと同じなんてところも泣かせるじゃないか。ちなみに本の厚さもiPod本体とぴったり同じだ。このコンパクトな、白さがまぶしい本の中にiPodを楽しむためのアドバイスがたっぷりある。iPodの使い方は簡単にすませよう。その代わり、こいつを街につれていくための様々なアイデア、ちょっとした小物の紹介、旅に出るときの注意点、うーん、確かにそうだよね。「クリップ」があると便利だし、旅行鞄にそのままほうりこむなんて厳禁。やっぱり専用のポーチは必要だ。iPodのファンがファンのために書いた本だから、もう最高です。そうそう、ついでだから私が発見した旅行(出張)におけるiPodのTips。実は新幹線の窓とカーテンが下りてくる枠の隙間にiPodがぴったりと収まる。窓を右側にした場合はiPodを立てて、窓が左側の場合は横にして隙間に差し込むのだ。そうすると「ん、この曲はちょっとスキップしよう」というときに「>>」ボタンに触れやすい。

さらに、Windowsの諸君よ(私もだが……)。iPodはMacだけのものではないぞ。この本が出たときはまだWindows用としては「MUSICMATCH Jukebox」というなんともiPodとはマッチしないソフトで曲を管理するしかなかったのだが、今はもう違う。WindowsでもiTunesというこれまた最高にクールなソフトが使えるのだ。最後にもう一つ。数十ギガという容量を持つiPodは「外付けハードディスク」として使えることも忘れてはいけない。パソコンのデータのバックアップをCDに焼くのではなくてiPodに転送しておくのもクールな使い方ではないかな。

なんだか本のレビューではなくiPodのレビューになってしまって申し訳ない。それくらい「買って得した、感動した」ツールなわけだ。もちろんこの本もおすすめ。合わせて買ってiPodライフを楽しもうじゃないか。


書評者: 関 裕司 <>

全レビュー一覧&レビュー検索はこちら >>

Copyright 2002 Bookmall Japan Corporation All rights reserved.
このWEBサイトに掲載されている記事・写真などの無断転載を禁じます。
このWEBサイトについてのお問い合わせはこちらまで。
株式会社ブックモール ジャパン