ブックモールPC

ブックレビュー
更新日:2003年2月19日

全レビュー一覧&レビュー検索はこちら >>
書名:コンピュータユーザのための 著作権&法律ガイド
コンピュータユーザのための 著作権&法律ガイド

著者 プロジェクトタイムマシン 著/梅村陽一郎
出版社 マイナビ
ISBN 978-4-8399-0793-8
発行日
2002年9月27日
価格 1,944円
(本体1,800円+税)
仕様 単色刷/A5判/240頁
分類 コンピュータ一般(教養・読物)
 以前に『コンピュータ倫理学』のレビューで、いま日本で出ているパソコン法律本は意識の低いふにゃふにゃばかりだというようなことを私は書いたんですけども、ひとつ例外と言ってもよさそうな本があります。そのことを黙ってちゃいけないような気がするんで、他の方、YASさんがすでにレビューされているんですが取り上げさせてもらいますね。

 まずとにかくご覧のよおに、いかにもいかにもな表紙であります。中身もこの二人、ルミちゃんルイちゃんという双子の姉妹の会話でストーリーが進められ、解説がついてくるというつくりになってます。

   はふはふ.この前ルイちゃんに誘われていったイベントの写真がウェブペ
   イジに無断で掲載されてる…
   みゅ.ホントだ.かわいく撮れてるね.ってそういう問題じゃないかー.
   撮影は許可してるけど勝手に公表されたらやっぱり肖像権の侵害かなぁ.

……てな感じ。イラストもたっぷり入れてあって、一部では「萌えるパソコン法律読本」とも呼ばれているらしいですね。

 あーでもですね、私がこの本をいいというのは、そういう萌え〜の部分ではありませんのです、説得力ないけど。
 法律の側からのアプローチになってはいますが、解説の中には、法律を越えてその上にある社会の道義とその社会の中で生きていく個々人の行動規範と、それをバランスよく見通した視線が感じられますね。パソコン世代・アニメ世代・ゲーム世代・コミケ世代の人々がどのように法律とつきあっていくか、この本は実に真摯に語っているのです。

 萌えるの萌えないのって話で判断されてしまうと、ちと惜しいですよこの本は。


書評者: 塩見 真一 パソコンの本フォーラム

全レビュー一覧&レビュー検索はこちら >>

Copyright 2002 Bookmall Japan Corporation All rights reserved.
このWEBサイトに掲載されている記事・写真などの無断転載を禁じます。
このWEBサイトについてのお問い合わせはこちらまで。
株式会社ブックモール ジャパン