ブックモールPC

ブックレビュー
更新日:2003年2月5日

全レビュー一覧&レビュー検索はこちら >>
書名:Wordで本をつくろう[ヨコ組編]
Wordで本をつくろう[ヨコ組編]

著者 日本エディタースクール
出版社 日本エディタースクール
ISBN 978-4-88888-327-6
発行日
2003年1月15日
価格 1,620円
(本体1,500円+税)
仕様 A5判/250頁
分類 アプリケーション(ワープロ:MS-WORD)
 Microsoft Wordを使ってちゃんとした本の紙面を作ろうと、Wordで文字組みとページレイアウトをきちんとコントロールしようと、そういう本であります。
 こういうテーマの本はこれまでにも2〜3点出ていましたが、……あーいや、こうやって他の本について要らんこと言うから口の悪い人ってことになっちゃうんだよな……この本は、さすがはエディタースクール、紙面がきっちりできています。この本自体もWord2000で作ってあるそうですが、「Wordくささ」がきれいに抜けている。こういう紙面をWordで作れるというなら、そのテクニックは私も身に付けておきたいものだと、ストレートにそう思える仕上がりです。

 前書きには……

    本書はパソコンで作成した日本語の文章を,パソコンを用いて,自分の
   手で美しく読みやすい本に仕上げる,すなわち“本の正しい組方”に仕上
   げる作業についてアドバイスしたものです.

……とあって、「最も標準的な組方例」つまりこの本自体ですな、それをWordで作っていく手順と操作方法を解説していると、そういう内容になっています。たぶんまあ論文集みたいなものを主に想定しているのでしょう。本文・見出し・柱とノンブルといった基本的な部分のほか、ルビ・数式・化学式、引用・注釈、図・写真・表組、目次と索引、最後に出力と印刷屋への入稿までが解説されています。

 誰が読む本なのかなあ。
 内容を見ていってちょっと気になるのは、「正しい組方」を得るためとはいえ、あまり合理的でない作業がまじっているのですよ。従来の活字によるマス目式の考えかたに引きずられていて、ラインスペース式の文字組みのためにできているWordにはなじまない使いかたをしているように思えるところがある。
 だからどうだっていうほどのことでもないですが、ちょいと素人っぽい感じがするんですよ。DTPのプロとしては、エディタースクールさんの本ですし、もうちょっと作業効率に重点を置いた手法が解説されていることを期待したいのです。まあ、この本を見ながらちょっと自分で工夫すれば済むことですけど。


書評者: 塩見 真一 パソコンの本フォーラム

全レビュー一覧&レビュー検索はこちら >>

Copyright 2002 Bookmall Japan Corporation All rights reserved.
このWEBサイトに掲載されている記事・写真などの無断転載を禁じます。
このWEBサイトについてのお問い合わせはこちらまで。
株式会社ブックモール ジャパン