ブックモールPC

ブックレビュー
更新日:2002年12月20日

全レビュー一覧&レビュー検索はこちら >>
書名:DaViDeo DivX 非公式ガイド
DaViDeo DivX 非公式ガイド

著者 ダミー・デスカー
出版社 九天社
ISBN 978-4-901676-21-2
発行日
2002年11月19日
価格 1,512円
(本体1,400円+税)
仕様 単色刷/A5判/150頁
分類 アプリケーション(マルチメディア)
 先日、娘を撮ったビデオをパソコンで編集しDVDに記録していた時、その膨大なデータ量に驚いた。娘が生まれてから4ヶ月分のテープを、キャプチャしたデータだけで30ギガバイト。DVDに編集したデータで2ギガバイト。映像というデータが、今の家庭で使われているパソコンでは、やはり少々無理があるという事だろう。キャプチャしたデータは編集してしまえば無用だからいいものの、せめて編集後のデータはどうにかならないだろうかと思っていた。CD-R(1枚約50円)とDVD-R(1枚約500円)のメディアの値段の差もあって、そうそうDVD-Rにも残して置けないし、書き込みの失敗すら出来ない状態だった。
 そんな悩みを解消してくれたのが、本書で扱われている『DaViDeo DivX』というソフトである。大きな売り文句は、9.4ギガバイトの動画データを650メガバイトに高画質のまま変換できるという点。CD-R並のサイズになるのは、なんとも嬉しい限りだ。本書はその『DaViDeo DivX』の解説本にあたる。
 このソフトはもともとドイツで製作されたのを、日本のソフトメーカーが日本語化して発売されたもの。海外製作のため、発売と同時に幾つかの不具合もあったそうだが、それは日本の発売メーカーサイトで修正プログラムを公開しているし、本書でもきっちり解説している。本書では、この『DaViDeo DivX』のことはもちろん数多い動画データの種類、DVDの基礎知識など基本的な事までフォローしているのは心強い。著者は「やけるDVD-Video検証編」等、DVD関連の本もあり、しっかりとした知識と解説内容である。この革命的なソフト『DaViDeo DivX』の本当の姿を、見事に本書に詰め込んでいる。
 さて、私も早速この『DaViDeo DivX』、使ってみた。が、私のパソコン機種も古く、OSもWindows98のままという事で動かずじまい。詳しい友人に聞くと、「新しいパソコンに買い換えたら」の一言。動画データを華麗に扱うのはまだまだ遠い先になりそうだ。


書評者: YAS <関西地区某パソコンショップ バイヤー>

全レビュー一覧&レビュー検索はこちら >>

Copyright 2002 Bookmall Japan Corporation All rights reserved.
このWEBサイトに掲載されている記事・写真などの無断転載を禁じます。
このWEBサイトについてのお問い合わせはこちらまで。
株式会社ブックモール ジャパン