ブックモールPC

ブックレビュー
更新日:2002年7月17日

全レビュー一覧&レビュー検索はこちら >>
書名:捨てずに売る!
捨てずに売る!

著者 吉田浩章
出版社 グリーン・プレス
ISBN 978-4-901825-02-3
発行日
2002年6月27日
価格 1,706円
(本体1,580円+税)
仕様 カラー/単色/B5判/128頁
分類 情報通信(インターネット:WWW)
 私の事務所は新宿の野村ビルに近いのですが……野村ビルにある、とか言えればかっこいいんだけどな……、ときどきビルの敷地内でフリーマーケットが開かれているんですね。古着/小物家具/家電製品/レジャー用品/アクセサリなんかが多いようです。
 けっこう気になるのは、出店しているのはいったいどういう人なのか、です。フリマのプロなんてのはないはずだけど、店舗用品というかたとえば衣類を吊るすハンガースタンドみたいな商売道具がちゃんとあったりして、まるっきりの素人ではなさそう。フリマ出店が趣味で常連だという人がいてもいいとは思うけど、しかしそう毎度々々売るもの=不要品が出てくる生活というのはいまいち解せないですし、やっぱり、ちょうど縁日のテキヤさんたちみたいに、あちこちのフリマで売り歩く業が成り立っているのでしょうかね。

 そんなわけでこの本、つまりインターネットでフリーマーケットをやろうと、家庭の不要品を売るオンラインショップを作ろうというテーマの本であります。

   家の中がスッキリかたづく!
   賢くリサイクル!副収入がうれしい!

……というのがオビのキャッチコピーで、その下のほうには「在宅ワーク」という言葉も見えますね。
 うむ、ちょっとお小遣い程度ならともかく、副収入とか在宅ワークとかいうとこれはプロの領域に近づいてきますよね。実際、この本に書かれている内容は、プロのリサイクルショップ・プロのオンラインショップのノウハウです。商品のクリーニング、商品写真の撮影、Webサイトの構成、業務フローの組み立て、梱包と発送など、一個人が一家庭の不要品を処分するというレベルを超えて、立派な「事業」としての取り組みになってますね。

 してみると、さっきと同じ、商品をどこからどうやって集めるのだろうかという疑問がまた出てきますね。やっぱりどう考えても、一般の家庭でこう本腰を入れるほど不要品が出続けるとは思えないですもの。

 そうですねえ、たとえばご近所の奥さんたちが集まってリサイクルショップを開く、というシチュエーションでなら、こういう事業も成り立つかもしれないです。そういう方には、この本ばっちり役立つでしょう。


書評者: 塩見 真一 パソコンの本フォーラム

全レビュー一覧&レビュー検索はこちら >>

Copyright 2002 Bookmall Japan Corporation All rights reserved.
このWEBサイトに掲載されている記事・写真などの無断転載を禁じます。
このWEBサイトについてのお問い合わせはこちらまで。
株式会社ブックモール ジャパン