ブックモールPC

ブックレビュー
更新日:2001年10月5日

全レビュー一覧&レビュー検索はこちら >>
書名:Webページでひときわ目立つロゴ&バナーの作り方・飾り方
Webページでひときわ目立つロゴ&バナーの作り方・飾り方

著者 佐藤信正
出版社 メディアテック出版
ISBN 978-4-89627-120-1
発行日
2001年9月13日
価格 2,894円
(本体2,680円+税)
仕様 単色刷/B5変型判/272頁/CD-ROM 1枚
分類 情報通信(インターネット:HTML)

 Webページの看板である、サイトのロゴ。サイトでの広告塔、バナー。この二つの制作テクニックを紹介したのが、本書だ。
 最初のカラーのページで、幾つかの完成図を載せているがどれもカラフルだ。これらがサイトに載っていれば目に付きやすい。著者は本書の始めに『ロゴとバナー。この2つを用意しておかなくては、Webページの存在は弱くなる』と書いてあるが、私自身も概ねこの意見には賛成だ。ただ最近やたらと動きのあるタイトルを使い、20秒以上もメニューが出ないサイトが多くなってきている。それらは目立つわりにはわかりづらい。一目見てこれが何のサイトか閲覧者に分からす事、これもロゴの大事な仕事だ。やはりどのデザインにもバランスが大切で、本書で紹介されたデザインのロゴやバナーを使う際には、トータルバランスを考えて使って欲しいと思う。見やすく分かりやすく面白い、これが優良サイトの必須条件だろう。

 さて、本書は主に4つアプリケーションソフトを使い、数々のテクニックを披露してくれている。その4つとは「Paint Shop Pro 7J」「Adobe Photoshop Elements」「Macromedia Fireworks 4」「Ulead PhotoImact 6」。それぞれの機能説明等を含み、各テクニックよりソフトを使い分けながら説明していく。すこし厚い本で、その中には本当に幾つもデザインテクニックを紹介している。これらのテクニックがマスター出来れば、デザインにもぐっと幅が広がるはずだ。その数々のテクニックの中で私が一番ためになったのは、実を言うとフォントについて書かれた章。フォントはパソコンにとっては必要不可欠な存在で、パソコンを触っていれば必ず目にする存在だ。しかし、意外とデザインとしてのフォントについて語られる事は少なかった。本書はそのデザインとしてのフォントを、基礎から細かく教えてくれる。そこで記載されている内容は、パソコンを使うものにとって知っておかなければならない内容である。そこも是非読んで頂きたい。



書評者: YAS <関西地区某パソコンショップ バイヤー>

全レビュー一覧&レビュー検索はこちら >>

Copyright 2002 Bookmall Japan Corporation All rights reserved.
このWEBサイトに掲載されている記事・写真などの無断転載を禁じます。
このWEBサイトについてのお問い合わせはこちらまで。
株式会社ブックモール ジャパン