ブックモールPC

ブックレビュー
更新日:2000年11月22日

全レビュー一覧&レビュー検索はこちら >>
書名:写真で年賀状を作ろう
写真で年賀状を作ろう

著者
出版社 工学社
ISBN 978-4-87593-888-0
発行日
2000年11月9日
価格 1,728円
(本体1,600円+税)
仕様 B5判/128頁/CD-ROM 1枚
分類 アプリケーション(ワープロ:その他)

 すっかり年賀状のシーズンになりました。
 「筆なんとか」といった名前のソフトが軒並みバージョンアップし、その解説書や年賀状作成をテーマにしたムックが各社から次々に発刊されています。新世紀を迎えるということもあるんでしょうかね、昨年より一段と増えたような気がします。書店さんでも年賀状コーナーを作って「今年こそパソコンで年賀状」とかいったポップを立ててます。いやなに、アマノジャクな私はそれを見て今年はパソコンを使わずに年賀状を作りたいものだとか考えたりしましたが。

 その年賀状コーナーから1冊。デジタルカメラで撮ったりスキャナで撮り込んだりしたデジタルフォトを素材に年賀状を作ろうというテーマのムックです。盛り込まれている話題は、撮影やスキャニング、フォトレタッチや写真の合成、各種はがきソフトやワープロソフトやグラフィックソフト、デジカメ関連ソフトの使いこなし、プリンタでの印刷など。 CD-ROMにはいくつかのソフトの体験版が収録されています。

 山のように出ている年賀状ムックの中で、特徴的なのは「デスクトップ撮影術」という章です。素材写真・小物写真をうまく撮るための力メラセッティングとかライティングとか背景そのほかの撮影材料とか、家庭や普通のオフィスを簡易スタジオにするためのちょっとした工夫の数々、パソコン用語的に言うと「撮影環境の整備」てな感じですかね。
 これはいわゆる商品撮影のノウハウで、たぶんそこらじゅうの編集部やプロダクションで日常的に行われていることなんですが、パソコン雑誌はもちろんカメラ雑誌でもこういう記事はあまり見かけません。まあそれはやっぱなあ、ちゃんとした商品撮影はちゃんとしたスタジオでちゃんとしたカメラマンが撮るわけですからね、編集部でちょこちょこ撮るなんて、同じ舞台裏とは言ってもどっちかというとかっこわるい話だからだろな。
 だけどそうは言っても、これは現実に出版界を日々支えている技術のひとつであるわけだし、一般読者にとっても実用的な話題ですからね、埋もれている技術が人目に触れるところに出てきたと、私としては歓迎したいです。

 もっともなあ、なんかこの本全体にレベルが低いんですよ。表紙の素人くさいデザインとか誤植の量とか、なにより執筆者名がまったく記載されていないこととか、してみるとこの希少なはずの記事も要は手近のネタを使っただけ



書評者: 塩見 真一 パソコンの本フォーラム

全レビュー一覧&レビュー検索はこちら >>

Copyright 2002 Bookmall Japan Corporation All rights reserved.
このWEBサイトに掲載されている記事・写真などの無断転載を禁じます。
このWEBサイトについてのお問い合わせはこちらまで。
株式会社ブックモール ジャパン