ブックモールPC

ブックレビュー
更新日:2000年10月27日

全レビュー一覧&レビュー検索はこちら >>
書名:公式こんなに簡単Eメール Eudora編 Windows/Macintosh両対応
公式こんなに簡単Eメール Eudora編 Windows/Macintosh両対応

著者
出版社 ローカス
ISBN 978-4-89814-148-9
発行日
2000年9月29日
価格 802円
(本体743円+税)
仕様 カラー/A4判/96頁/CD-ROM 1枚
分類 情報通信(インターネット:ツール)

 インターネット黎明期より電子メールの標準的アプリケーションとして使われ続けているEudoraであるが、近年はその地位をOutlookExpressに完全に奪われたかたちとなっている。そのEudoraが、広告を表示させればその全機能を無料で利用できる新バージョンで登場した。電子メールの解説書はOutlookExpressについて書かれたものが多数を占めるが、新Eudoraの解説書が新刊として発売されることで、書籍市場の活性化も期待できそうである。

 新Eudoraの解説書のトップバッターとして発売されたのが本書である。電子メールを初めて使うユーザーを想定した内容で、アプリケーションの設定やメールの送受信等の一連の操作が、操作画面のキャプチャ画像と短めのコメントとともに、順序立てて説明してある。他のアプリケーション解説書と比べても、徹底した初心者向けの配慮がなされているように感じる。

 付録のCD-ROMの中には、当然であるが、Eudoraアプリケーションの本体が、Windows版、Macintosh版が収録されている。また、添付ファイルのやり取りの際に必要となる圧縮解凍アプリケーションも付属しており、その操作方法についても本文で取り上げられている。この点も、電子メールについてはこの1冊で完結してしまうので好感が持てる。

 本書の表紙には「Windows Macintosh両対応」と表示されているのであるが、本文ではWindowsの画面を元に説明がなされており。Macintoshについては、要所要所で「Macでは?」というくくりで別に説明されているが、これはどうもおまけ程度といった扱いに感じられる。ターゲットしている初心者ユーザーは、操作画面の構成やメニューの配列や言葉使いなど、少しでも異なると操作する事が困難になってしまうケースが多いと思う。Windowsの画面を頭の中でMacintoshに置き換える事など、パワーユーザでも難しいのではなかろうか。先に「徹底した初心者向けの配慮」と述べたが、ここはMacintoshについては章立てを別にするなどの工夫が必要だったのでは、と悔やまれる。



書評者: YAS <関西地区某パソコンショップ バイヤー>

全レビュー一覧&レビュー検索はこちら >>

Copyright 2002 Bookmall Japan Corporation All rights reserved.
このWEBサイトに掲載されている記事・写真などの無断転載を禁じます。
このWEBサイトについてのお問い合わせはこちらまで。
株式会社ブックモール ジャパン